沖縄気象台は27日午前5時1分、台風17号が接近している宮古島地方に暴風警報を発表した。台風は今後、「大型で非常に強い」勢力を維持したまま27日昼前にかけて先島諸島に最も接近する見込みで、すでに暴風警報を発表した石垣島・与那国島地方と合わせ、厳重な警戒を呼び掛けている。気象庁によると27日午前2時41分に新石垣空港で最大瞬間風速34.5メートル、同4時11分には下地島空港で最大瞬間風速27.8メートルをそれぞれ観測した。

台風17号の進路予想図(気象庁HPから)

 大型で非常に強い台風17号は27日午前6時現在、石垣島の南約180キロの海上にあり、暴風域を伴いながら時速約20キロで西北西に進んでいる。中心の気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心の北側260キロ以内と南側220キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。中心の北側650キロ以内と南側440キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 先島諸島の沿岸の海域はうねりを伴い猛烈にしけており、沖縄本島地方では大しけとなっている。先島諸島では27日夜のはじめ頃まで猛烈なしけ、沖縄本島地方では27日夜遅くまで大しけの状態が続く見込みなので、うねりを伴った高波に厳重警戒を。

 八重山地方では、27日昼前から夕方にかけて1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る恐れがある。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水やはん濫に警戒が必要。