うるま市の勝連城跡から出土したローマ帝国とオスマン帝国の貨幣(コイン)は、琉球が、西洋や東アジアを含む文化的、経済的広がりを背景に成立していたことを裏付ける遺物だ。