沖縄県うるま市教育委員会(栄門忠光教育長)が26日、世界遺産の勝連城跡の発掘調査で、ローマ帝国とオスマン帝国の金属製の貨幣(コイン)計5点が出土したと発表した。4点は3~4世紀のローマ帝国、1点は17世紀のオスマン帝国で製造された貨幣であることが判明。背景について3人の識者が解説した。

勝連城跡調査で出土した国内初となるローマ帝国とオスマン帝国のコイン=26日午後、うるま市役所

勝連城跡から出土したコインに考古学的評価を示した専門家のひとり。沖縄国際大学の宮城弘樹講師(考古学)

勝連城跡調査で出土した国内初となるローマ帝国とオスマン帝国のコイン=26日午後、うるま市役所 勝連城跡から出土したコインに考古学的評価を示した専門家のひとり。沖縄国際大学の宮城弘樹講師(考古学)

■歴史はかる重要資料

 沖縄国際大学・考古学 宮城弘樹講師(41)の話

 日本は江戸時代(前近代)まで中国の影響を受け、丸い金属貨に四角い穴の開いた「円形方孔」の貨幣が中心だった。一方でインドから西のアジア、ヨーロッパ地域では、金銀貨など重量で価値基準を判断する「鍛造(たんぞう)貨幣」が流通しており、東西の貨幣には大きな相違があった。

 この点から東アジアにおける鍛造貨幣の発見は特異な事例で、勝連城跡の流通や交流の歴史像を考える上で、重要な資料になる。

 勝連城跡にかかわる人物が、例えば南アジア島しょ地域や、中国の西の商人が活動した泉州など、西洋世界との接点を持つどこかで入手したと考えられる。

 地元の人には、驚きと期待をもって受け止められ、ロマンをかき立てられるような材料になるのではないか。今後の歴史の解釈について、研究が進むだろう。

■幅広い交易示す

 元興寺文化財研究所の塚本敏夫埋蔵文化財保存研究グループリーダーの話 

 当時の沖縄の幅広い交易を物語る史料で、世界史的にも重要な発見だ。誰が、何のためにコインを持ち込んだのか。この疑問に答えるのは非常に難しいが、沖縄の城では地鎮などの目的で、よろいの部品や刀の装具をまくという祭祀(さいし)があったようで、見つかったコインも同じ用途だった可能性が考えられる。

■素材として入手

 古代オリエント博物館の津村真輝子研究部長(古銭学)の話 

 中国では隋や唐の時代の墓から、アクセサリーに加工された古代ローマの金貨などが見つかっている。今回は銅貨なので、貴重品というよりも素材としてまとめて持ち込まれた可能性がある。ローマのコインは周辺地域で造られた模倣品もあるので成分分析を進めるとともに、どういうルートで沖縄に入ってきたのか慎重な研究が必要だ。