モスフードサービス(東京、中村栄輔社長)が10月4日、モスバーガーの沖縄出店から40周年を記念した「琉球クラシックバーガー」を県内全22店舗で限定販売する。11月上旬まで。期間中、コーヒーチケット6枚セットやチキン、ソフトドリンクが計8140人に当たるくじ引きを開催する。
 琉球クラシックバーガーは、1個税込み490円(チーズ入り520円)。グリーンリーフ、トマト、肉、ベーコンというベーシックな具材を組み合わせ、沖縄らしくボリューム感を出した。ベーコンに使う豚肉はイタリア産で、口溶けのよい甘みが特徴。タマネギを店内の鉄板で焼いて挟むほか、赤ワインと赤ワインビネガーを混ぜたデミグラスソースをかける。
 モスバーガーパレット久茂地店では27日、記者会見があり、モスフードサービスの生津渉執行役員が「県内のモス店長から、40周年の感謝を込めたハンバーガーを作りたいと要望を受けた」と紹介した。
 モスバーガーは1972年、都内に1号店を出店。沖縄には76年、沖縄市内のコザ店で初進出した。

10月4日から県内で限定販売される「琉球クラシックバーガー」

県内で限定販売される「琉球クラシックバーガー」をPRするスタッフら=27日、那覇市のモスバーガーパレット久茂地店

10月4日から県内で限定販売される「琉球クラシックバーガー」 県内で限定販売される「琉球クラシックバーガー」をPRするスタッフら=27日、那覇市のモスバーガーパレット久茂地店