県議会9月定例会の代表質問2日目が28日午前、始まった。翁長雄志知事は名護市辺野古の新基地建設を巡る違法確認訴訟で、高裁判決が審理対象を「仲井真弘多前知事の埋め立て承認に違法性があるかどうか」としたことに疑問を呈した。翁長知事は、国土交通相は「埋め立て承認取り消しが法令の規定に違反している」として是正指示をしたもので、「審理対象は私の埋め立て承認取り消しの適法性だ」との考えを示した。玉城満氏(おきなわ)の質問に答えた。

沖縄県議会

 午前中は新垣光栄氏(同)も質問している。午後は比嘉瑞己氏(共産)、金城泰邦氏(公明)が質問する。