空手道の国際大会「空手1プレミアリーグ沖縄大会」が10月1、2の両日、沖縄県立武道館で行われる。31の国と地域から集まった323人のトップ選手たちが形や組手に出場し、熱戦を繰り広げる。大会開催を前に29日、那覇市内のホテルで記者会見が行われ、出場選手らが意気込みを語った。

世界空手のプレミアムリーグ開幕に向けて意気込みを見せる喜友名諒選手(前列左から2人目)ら日本人選手と海外選手=ロワジールホテル那覇

 個人・団体形で3年連続の2冠が懸かる喜友名諒は「空手発祥の地沖縄で国際大会が開催されることを誇りに思う。日本の強さを子どもたちに見てほしい」と期待した。