空手道の国際大会「空手1プレミアリーグ沖縄大会」が10月1、2の両日、沖縄県立武道館で行われる。31の国と地域から集まった323人のトップ選手たちが形や組手に出場し、熱戦を繰り広げる。大会開催を前に記者会見が29日、那覇市内のホテルで行われ、大会関係者や出場選手らが意気込みを語った。

世界空手のプレミアリーグ開幕に向けて意気込む県勢の喜友名諒選手(前列左から2人目)ら日本選手と海外選手=ロワジールホテル那覇

空手1プレミアリーグ 日程と県勢出場者

世界空手のプレミアリーグ開幕に向けて意気込む県勢の喜友名諒選手(前列左から2人目)ら日本選手と海外選手=ロワジールホテル那覇 空手1プレミアリーグ 日程と県勢出場者

 空手競技が2020年東京五輪での追加種目に採用されてから、国内で国際大会が開催されるのは今大会が初めて。

 世界空手連盟の奈藏稔久事務総長は「注目度は飛躍的に高まっている。さらなる普及・発展のため、空手発祥の地である沖縄から発信したい」と大会の意義を語る。全日本空手道連盟の笹川堯会長は「空手を通じて世界中の若者たちが仲良くできるのは平和に大きく貢献する」と強調する。 

 大会には県勢25人が出場。個人・団体形で3年連続の2冠が懸かる喜友名諒は「空手発祥の地沖縄で国際大会が開催されることを誇りに思う。日本の強さを子どもたちに見てほしい」と期待した。

 個人・団体形に出場する金城新は「支えてくれる人たちへの恩返しのためにも最高の演武をしたい」。上村拓也も「五輪が決まって各国の選手が競技力を向上させているが、自分たちも鍛錬を重ねてきた。優勝を目指す」と気合を入れた。