ジャニス・ジョプリンという歌手の存在は、映画を通して知った。ベッド・ミドラー主演の「ローズ」という作品。すさまじい熱量と爆発力で、徹底的に愛を請い、愛を叫び続けた女性、という印象。求めても求めても望んだ愛には出会えず、熱狂した観客の大歓声しか、彼女を救うことができなかった。

「ジャニス リトル・ガール・ブルー」

 心身の全てを愛と歌にささげたジャニスにすっかり心酔し、CDを買いに走った。歌声に圧倒されると同時に、いたいけな少女が泣き叫んでいるような切ない愛の歌に心を奪われた。

 今回の作品が描くのは、彼女が愛した人たち。生前、彼女がしたためた手紙の数々が公開される。ジャニスが生涯求め続けた愛の形が見えてくる。もちろん、唯一無二の圧倒的ライブパフォーマンスも収録。未公開映像も収められた、必見の一本。(桜坂劇場・下地久美子)◇桜坂劇場であすから上映予定