那覇は第4シード宜野座に得点を許さず、全4試合無失点で16年ぶりの4強入りを果たした。先発の1年瀬長勇太朗が4回2安打、五回途中から2番手のエース東江椋佑が5回1安打の完封リレーでスコアボードに「0」を並べた。