最後はひやり、それでも勝ち切るのが第1シードの強さだ。美来工科は3点リードの九回、先発・山内慧の高めに浮いた直球を狙われ、3安打で1点を献上し、なお2死一、三塁。9番の右前適時打で1点差に迫られたが、右翼・山川倫輝の好送球で二塁をオーバーランした走者を刺して試合終了。