五~八回、得点圏に走者を背負うと、知念先発の大城拓巳は決め球の縦に落ちる「宜野座カーブ」を迷いなく投げた。 いずれもバットに空を切らせてピンチを脱出。1年生大会でコザに負けてから「三振を取れる球が必要」と磨いてきた武器で、7安打10三振で完封し、拳を握った。