11安打の興南は投打がかみ合い嘉手納を6-1と圧倒。2年連続の準決勝に駒を進めた。 先制、中押し、ダメ押しと主導権を握り続け、我喜屋優監督は「後半は足も使い、理想的に得点できた。試合を重ねるごとにまとまってきた」と納得の表情でうなずいた。 この日チームを勢いづけたのは4番・中山莉貴。