那覇市久茂地のタイムスビルで開かれた沖縄タイムス社のふるさと元気応援企画「結の村 大宜味 物産・観光と芸能フェア」最終日は2日、物産フェアや組踊「花売りの縁」などが上演された。3日間で約6千人が来場し、大宜味村の魅力を満喫した。

大宜味村自慢の特産品が並び、多くの来場者でにぎわった即売会場=2日、那覇市久茂地・タイムスビル

 組踊が始まると観客は舞台に見入った。宮城菊江さん(61)=沖縄市=は「踊りや語り、どれも素晴らしかった。味のある演技力に感動した」と話した。1階特設ステージではシークヮーサーのつかみ取りや、村在住の夫婦ミュージシャン「アイモコ」によるライブもあり、会場を盛り上げた。

 沖縄市から孫、息子と一緒に訪れた比嘉美佐子さん(66)は「歌も上手でユーモアもあり最高。ファンになった」と喜んだ。