準決勝までの全4試合で無失点、失策はわずか1だった那覇の堅守が打ち崩された。これまで完封リレーでチームを先導した先発瀬長勇太朗は5安打1失点、エース東江椋佑は7安打7失点と第1シード美来工科の強打線につかまり八回コールド負け。守備も3失策とほころんだ。