タイムス女性倶楽部の第41期第1回講演会が2日、那覇市内のホテルであり、女優の秋野暢子さん(59)が「美しく健康に生きる」をテーマに講演した。ウオーキングや筋トレを取り入れながら無理のないダイエットで、健康的に生きる大切さを訴えた。

ユーモアを交えて話す女優の秋野暢子さん=2日、かりゆしアーバンリゾート・ナハ

 秋野さんが登場すると、抜群のプロポーションに会場からため息が。ダイエットのこつとして、食事の時は10回以上かみ、バランスよく栄養を取ることが大事だと強調。食事制限は「今より1食につき80キロカロリー(卵1個分)少なくするだけでいい」と話した。1日3食で240キロカロリー減らすと、1カ月で1キロ痩せるという。

 毎日少しのウオーキングを取り入れ、基礎代謝を上げるため筋肉を付けることも必要とし、中高年向けの腹筋の鍛え方やヒンズースクワットの方法を紹介。「最期の瞬間まで、健康で楽しく過ごすことを目指している」と述べ、「笑いながら楽しく生きていきましょう」と呼び掛けた。