非常に強い台風18号は3日午前10時現在、那覇市の南約230キロにあって、時速20キロで北北西に進んでいる。沖縄本島地方は次第に風雨が強まり、同日昼過ぎ(正午~午後3時)には暴風域に入り、最接近は本島中南部と久米島で夜遅く(午後9時~午前0時)、本島北部は4日未明(午前0~3時)の見込み。本島地方が暴風域を抜けるのは4日昼過ぎとなる見通し。沖縄気象台によると、特別警戒警報が発令される恐れは低いという。

台風対策をする土産品店=3日午前10時50分ごろ、那覇市の国際通り

 本島地方では、3日昼過ぎから激しい雨となり、4日正午までの24時間予想雨量は200ミリで、沖縄気象台は土砂災害やはん濫に警戒を呼び掛けている。

 台風18号の同日午前10時現在の中心気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル、中心から半径130キロ以内では風速25メートル以上の暴風、中心から北東側330キロ以内と南西側280キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 沿岸の海域では、大潮の時期と台風接近が重なるため、潮位が高くなる見込みで、浸水や冠水に注意が必要。

 宮古島地方では、3日昼前から4日未明まで非常に強い風が吹き、八重山地方では3日夜遅くまで、大東島地方では3日夕方まで強い風が吹く見込み。宮古島地方は進路によっては暴風となる恐れがある。【沖縄タイムス+プラス編集部】