沖縄気象台は3日午後7時2分、沖縄本島地方に大雨、暴風、波浪、高潮の「特別警報」を発表した。低い土地の浸水や河川の増水、暴風、高波、高潮に最大級の警戒をするよう呼び掛けている。

台風18号(3日17時、ひまわり8号リアルタイムwebから)

 特別警報は、中心気圧が910ヘクトパスカルを下回り、最大風速が60メートルを超え、「数十年に一度」の災害が予想される場合に発表される。

 台風18号は「非常に強い」から「猛烈」な勢力に発達。3日午後6時現在、勢力を強めながら久米島の南約100キロを時速20キロで北北西に進んでいる。

 中心の気圧は905ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は60メートル、最大瞬間風速は85メートルで、中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。台風は今後も猛烈な勢力を維持する見込み。

 気象台は、久米島を中心に、これまでに経験したことのないような暴風や高波、大雨、高潮となる恐れがあるとして、最大級の警戒を呼び掛けている。