沖縄県側にとっては今後、最高裁の審査で「上告理由にあたる」と判断され、口頭弁論が開かれるかどうかが重要になる。最高裁が上告理由に当たらないと判断し、弁論を開かずに棄却や不受理を決めれば翁長雄志知事の敗訴が確定する。 ただ、最高裁では弁論を開かずに棄却、不受理とするケースがほとんどだ。