2017年(平成29年) 11月20日

沖縄タイムス+プラス プレミアム

<辺野古違法確認訴訟>原判決破棄は狭き門 11~15年度の94%弁論開かれず

 沖縄県側にとっては今後、最高裁の審査で「上告理由にあたる」と判断され、口頭弁論が開かれるかどうかが重要になる。最高裁が上告理由に当たらないと判断し、弁論を開かずに棄却や不受理を決めれば翁長雄志知事の敗訴が確定する。 ただ、最高裁では弁論を開かずに棄却、不受理とするケースがほとんどだ。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス