9秒でまるわかり!

  • 特別警報が出た台風18号は、予想されたほど風は強くなかった
  • 905ヘクトパスカルと強さは最大級だったが、暴風域はコンパクト
  • 中心付近を通過した久米島に対し、沖縄本島はかすめる程度だった

 沖縄気象台は、沖縄本島全域に特別警報を発表し、最大瞬間風速85メートルの猛烈な風が吹くとして警戒を呼び掛けたが、予想されたほどの強風は吹かなかった。

台風17号と18号の大きさ比較

台風18号の経路図

海岸近くの畑では強風により多くのサトウキビが倒れていた=4日午前、糸満市大度

台風17号と18号の大きさ比較 台風18号の経路図 海岸近くの畑では強風により多くのサトウキビが倒れていた=4日午前、糸満市大度

 台風は、沖縄近海の高い海水温の海域を通過しながら、エネルギー(水蒸気)の供給が続き発達した。沖縄地方に接近するにつれて勢力を拡大し、3日午前9時は中心気圧925ヘクトパスカル、同日午後5時に915ヘクトパスカル、同6時には905ヘクトパスカルまで発達した。

 中心付近の勢力は強いものの、強風域が直径670キロ、暴風域は半径90キロで比較的コンパクトな台風。気象台は接近に伴い、急激に風雨が強まるとしていた。

 気象台は久米島を「直撃」すると予想していたが、実際は久米島の西約30キロを通過。進路が西寄りに進んだため、暴風域は沖縄本島中南部をかすめた程度で、想定したほど風が強く吹かなかった。

 担当者は「当初予想より、本島は中心付近から遠ざかったので風が弱くなった」と説明した。