東京工業大学の大隅良典栄誉教授(71)が、今年のノーベル医学生理学賞に決まった。

 日本人の受賞は3年連続、自然科学系3賞での単独受賞は湯川秀樹さん、利根川進さんに次いで3人目である。

 生命の謎に対する好奇心に突き動かされた自由で独創的な研究の成果として花開いた「世界最高の栄誉」に拍手を送りたい。

 授賞理由は、生物が細胞内で自ら不要となったタンパク質を分解して再利用する「オートファジー(自食作用)」の仕組みを解明したことである。

 私たちの体は約60兆個もの細胞からできていて、絶えず新しい細胞に生まれ変わっている。

 自食作用と聞くとおどろおどろしい印象を持つが、オートファジーは細胞が健康を保つのに重要な働きを果たしている。この働きの異常が、がんやアルツハイマー病などの発症に関わっているとされ、将来の治療への期待がかかるのだ。

 顕微鏡が好きで毎日眺めていたという大隅さんは、酵母を使ってオートファジーの現象を世界で初めて肉眼で観察することに成功した。さらにその働きに欠かせない遺伝子を見つけ、研究を発展させた。

 受賞決定後、「(発見したものを)世界で初めて自分が見ているという満足感が科学者にとって一番のモチベーション」と醍醐味(だいごみ)を語っている。

 もっと知りたいという探究心、発見したときのわくわくが、科学を進歩させる力となったのだ。

■    ■

 若い研究者を意識してのことだろう。

 大隅さんは「ベーシックなことをやっているといいこともある、というメッセージとして伝われば」とも話している。

 自身も研究を始めた当初、オートファジーが人間の寿命の問題につながるとの確信はなかったという。この分野で日本は研究の最先端を走っているが、病気の治療につながる新薬の開発などはこれからだ。

 大隅さんは昨年7月、日本学術振興会のウェブサイトに寄せた文書でこうつづる。

 「はやりで研究費を獲得しやすい分野の研究者を採用する傾向が強まり、大学における研究のあるべき姿が見失われそうになっている」

 安易に成果を求める昨今の風潮を憂えている。

■    ■

 基礎的であればあるほど、新しい原理、理論を生む研究は、人々の生活に大きな影響を与える。

 しかし近年、政府の研究費は実益に結び付く研究に重点的に振り向けられる傾向にある。「選択と集中」の掛け声の下、基礎研究を支える土台そのものがぐらつきかけている。

 役に立つことを求め、成功する見込みのある研究にばかり予算が振り分けられれば、新たな挑戦、新たな発見は遠のく。

 科学立国に必要なのは、人間の知の集積として基礎研究を支える文化を根付かせることである。