「切らない」新たな選択肢
体に負担の少ない最新放射線治療機「トモセラピー」
前立腺がん治療中心に実績を持つ南部徳洲会病院

高精度放射線治療機「トモセラピー」の治療準備をする放射線技師たち=八重瀬町、南部徳洲会病院

 手術、化学療法とともに、がん治療の3本柱の一つとして、重要な役割を担うのが放射線治療だ。近年、著しく進化した高精度放射線治療機器の登場により、従来の治療に比べ副作用がほとんどなく、がんの種類によっては手術と同じように根治を目指せる時代となっている。今回は県内で先進的な放射線治療を実施している医療法人沖縄徳洲会南部徳洲会病院(八重瀬町、赤崎満院長)を訪ね、その取り組みを聞いた。県内でも今後、高齢化に伴うがん患者数の増加が予想される中、「切らずに治す」新たな選択肢への期待が高まっている。

<企画・制作 沖縄タイムス社広告局>

強度を自由に変え360℃照射

 がん治療と言えば、外科手術で腫瘍を取り除く「切る治療」をイメージする人はまだ多い。しかし近年、がんの種類や年齢などによっては「切らずに治す」放射線治療で根治を目指せるケースが増えている。その一例が南部徳洲会病院が導入している放射線治療機「トモセラピー」だ。

強度変調放射線治療専用機「トモセラピー」

 トモセラピーとは複数のビームを組み合わせて放射線に強弱を付け、腫瘍部位だけをピンポイントで照射する治療(強度変調放射線治療:IMRT)の専用機。従来の放射線治療は、病巣部だけでなく周辺にも均一に放射線が当たるため、正常組織にまでダメージを与えてしまうのが難点だった。トモセラピーは正常組織への放射線量は抑えながら、複雑な形状のがん病巣をくりぬくように集中的に照射できるのが最大の特長(図1)。360度らせん状に回転する照射口と寝台の移動で、頭からつま先までの照射が可能となっている。

【図1】

 さらにトモセラピーは位置照合用のCT(コンピューター断層撮影)装置と放射線治療装置が一体となっており、従来の方法に比べると、患部の位置を正確に確認でき、限りなくピンポイントに照射できるのだという(図2)。また高齢者や持病などで体力が弱く手術が難しい患者でも治療に支障はなく、通院で済むのもメリットだ。照射中の痛みはなく、体の機能や形態を温存できる先進的治療法として注目されている。

【図2】