在沖米軍は事故原因を特定しないまま、戦闘攻撃機AV8Bハリアーの飛行再開を決めた。「到底容認できない」と強く反発する県を横目に米軍は5日、会見という異例の形で飛行再開を発表した。