沖縄美ら海水族館(本部町)は6日、世界で初めてヒトデ「ヒョウモンカワテブクロ」2匹の展示を始めた。インドネシア、フィリピン周辺の海で見られるが、沖縄で確認されたのは過去2回だけで非常に珍しいという。2匹は恩納村沖で採集された。東地拓生飼育員は「日本では沖縄だけで確認されている。小さなコブが体全体にあり、触るとざらざらしている」と説明した。

世界で初めて展示されているヒョウモンカワテブクロ。個体によって色が違う(沖縄美ら海水族館提供)