鶴保庸介沖縄担当相が2日続けて、選挙と沖縄振興がリンクしていると発言した。身内である自民国会議員のパーティーでの発言に続き、7日は公式の記者会見でも同様の持論を展開。衆院の解散時期が取り沙汰され始めたタイミングで、振興策の進展をちらつかせて投票を呼び掛けるかのような内容だ。