高校野球の第66回沖縄県秋季大会(主催・県高校野球連盟、共催・琉球放送、沖縄タイムス社)は8日、コザしんきんスタジアムで決勝が行われ、美来工科が興南を4―1で破り、初優勝を飾った。

初優勝を決め、ベンチから飛び出す美来工ナイン=8日午後、コザしんきんスタジアム

 美来工科は0―1の六回表2死満塁で、4番山内慧の右中間への2点適時打で逆転。さらに続く5番新垣海斗、6番比屋根京介の適時打で4―1とした。

 2校は来春の選抜大会の選考資料となる九州大会(22~27日、大分)に出場する。出場校18校による組み合わせ抽選会は13日に行われる。