1点を追う展開の中、美来工科の4番山内慧のバットが逆転を呼び込んだ。0-1で迎えた六回表2死満塁、絶好機で回ってきた山内の第3打席。「ゴロを転がせば、2点は入る。しっかりポイントを前で捉えよう」と放った打球は右中間への2点適時打となり、一塁上で大きく拳を握った。