第4Q出だし、岸本隆一がスチールから速攻をねじ込んで60-60。この日初めて追いつき、湧き起こった歓声は長くは続かなかった。ここから昨季ナショナルリーグ(NBL)準優勝の名門がギアを上げた。 日本代表の比江島慎が個人技でマークをずらして3点、2点、2点と冷静に射抜いた。