キリンビールマーケティング沖縄支社は12日、沖縄の気候や感性に合わせて製造したビール「一番搾り 沖縄づくり」を発売する。昨年11月に県内在住者らと共に沖縄ならではのビールについて議論したワークショップを基に開発。同日、午後6時から那覇市久茂地のタイムスビルで発売イベントを開く。

12日から県内で販売される「一番搾り 沖縄づくり」(キリンビールマーケティング沖縄支社提供)

 主力商品の一番搾りで、各都道府県ごとに地域に根ざした味わいを追求する「47都道府県の一番搾りプロジェクト」の一環。

 同支社は「これぞ地元の味といった一番搾りを提案したい」としている。350ミリリットル缶と500ミリリットルびんを県内の量販店や飲食店で販売する。

 発売イベントでは350ミリリットル缶を220円(税込み)で販売。エイサー演舞などがある。

 問い合わせは同支社、電話098(951)0161。