〈金(きん)は火で試す。女は金(かね)で試す。男は女で試す〉。米国のことわざにある。本質を探りたければ、その弱点を突くのが近道だという意味である

▼それに倣い、安倍政権は、〈翁長雄志知事は高江で試す〉ということなのだろう。北部訓練場の年内返還の方針を「歓迎」と評価した自身の発言で、事実上の撤回に追われる知事の姿を見て思う

▼国家権力による圧力の「火」にも動じない。振興策を絡めた「金」で揺さぶっても乗ってきそうもない。政府交渉でも毅然(きぜん)と臨む翁長知事にとって、「高江」が唯一とも言えるアキレス腱(けん)と映ったのだろう

▼確かに、東村高江のヘリパッド建設に対する知事の言動は分かりにくい。オスプレイ配備撤回を唱えながら、工事強行に「遺憾」と批判しても、建設反対とは明言していないからである

▼知事自身、「矛盾」していると認めて「沖縄の抱えている厳しいところだ」と言うが、やはり言葉が足りない。どんな強固な「一枚岩」も、小さな亀裂を放置すると、やがて亀裂は広がり、静かに壊れていく。それを避けたいなら、丁寧に説明してもらうしかない

▼為政者の心得を表した格言に「よりよく統治するには分断せよ」とある。いまだ歯切れの悪い翁長知事の言葉に、「知事、その調子その調子」との声がどこからか聞こえてくる。 (稲嶺幸弘)