【東京】稲田朋美防衛相は12日、米海兵隊トップのロバート・ネラー総司令官と防衛省で会談し、年内の米軍北部訓練場の一部返還に向け協力することを確認した。米軍普天間飛行場の新型輸送機オスプレイを県外・国外へ訓練移転することについても要請した。

ネラー米海兵隊総司令官(右)に年内の米軍北部訓練場一部返還に向け協力を求める稲田防衛相(左)=日、防衛省

 稲田防衛相は「北部訓練場の返還に向けて鋭意努力している。引き続き協力をお願いしたい」と求めた。ネラー総司令官は「返還の方針があるので、海兵隊としても考えに同意する」と応じた。辺野古新基地建設や沖縄近海で墜落事故を起こし同型機が飛行再開した米海兵隊の攻撃機AV8Bハリアーなどについては、話題にのぼらなかったという。