名護市辺野古の新基地建設を巡り埋め立て承認取り消しから1年を迎えた13日、翁長雄志知事は「辺野古新基地は造らせないとの固い決意で国と対峙したい」と述べ、新基地建設を阻止する考えを改めて示した。県庁で記者団に語った。

「辺野古新基地は造らせない」とあらためて決意を述べる翁長雄志知事=13日午後5時すぎ、沖縄県庁

 知事は和解により工事が止まっている現状に関し、「県民が心を一つに頑張っている結果だ」と指摘。辺野古が唯一の解決策だとする政府に対し、「辺野古にこだわらず協議に応じてほしい」と求めた。

 最高裁で仮に県が敗訴した場合、「承認を撤回する可能性も十二分に残っている」と強調。3月に期限が切れる岩礁破砕許可の可否判断など具体的な知事権限を示し、新基地建設を阻止する姿勢を示した。