沖縄県内最大級の住宅総合展「第30回トータルリビングショウ(主催・沖縄タイムス社、タイムス住宅新聞社)」が14日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開幕する。「住まい夢空間 ここで見つけた! 未来のマイホーム」をテーマに54社が出展。鉄筋コンクリートや木造の住宅から、オール電化システム、照明器具、建築資材などの住宅に関わる幅広い情報を紹介する。入場無料。16日まで。

開幕に向けて設営準備をする出展業者ら=13日、宜野湾市・沖縄コンベンションセンター展示棟

 30回を記念して、コンピューターで人工的に作った仮想空間を専用のゴーグルでのぞいて体感できるバーチャルリアリティーコーナーを設置。仮想の住宅空間で住まいを提案する。

 住宅設計展、福祉・介護車両フェア、かなさうちなーむん県産品グルメフェアも開催。おきなわ終活フェアを15、16日に併催する。住宅ローン相談会や「こども絵画コンクール」も開く。

 15日には空間色彩コンサルタントによる空間作り、16日には片付け術の講演もある。

 問い合わせは同事務局、電話098(890)7721。