県立南部医療センター・こども医療センター(南風原町、佐久本薫院長)で、毒薬に指定されている麻酔用筋弛緩(しかん)剤「スキサメトニウム」の40ミリグラム入り瓶4本を紛失していることが14日、分かった。佐久本院長らが同日午後4時から記者会見し、詳しい経緯や今後の対応を発表する。

南部医療センター・こども医療センター(資料写真)

 スキサメトニウムは取り扱いや保管に注意が必要な毒薬で、1本の注射で呼吸が止まり、死に至る恐れがある。同センターによると、9月26日に看護師が手術室の薬品保管庫を確認した際、スキサメトニウムが4本足りないのに気付いた。職員への聞き取りなど調査を続けているが、所在は不明で、同センターは紛失を与那原署に届け出た。

 同医療センターは2006年4月に開院した。県立那覇病院(那覇市与儀)の老朽化による移転、改築に伴い建設され、高度で多機能な医療を有する拠点病院。胎児から小児までをケアする母子総合医療、365日・24時間の救命救急医療を行い、地域や離島の医療支援などを担っている。