フラ愛好家の県内最大のフライベント「カギマナフラ・イン・宮古島」(主催・宮古島市、沖縄タイムス社)は15日、下里大通りで出演16団体が踊りながらパレードした。ハワイのクムフラ(フラの先生)が乗ったオープンカーを先頭に、花柄や流線模様の色鮮やかな衣装を身に着けた約200人が沿道を練り歩き、フラ一色に染めた。

雨の中、沿道の声援を受けながらフラを披露するパレードの参加者=15日、宮古島市・下里大通り(渡辺奈々撮影)

 人気キャラクターの「ハローキティ」がハワイアンドレス「ムームー」を着けて登場すると、子どもや女性が歓声を上げた。公設市場前ではフラショーも開かれ、市内の保育園児や出演団体がフラを披露した。

 台湾から初参加の「ナニフラスタジオ」代表のジン・チェンさん(38)は「地元の人が手を振ってくれたり、アロハと声を掛けてくれたり、とってもフレンドリー。写真もたくさん撮ったのでいい記念になる」と楽しんでいた。