リオデジャネイロ五輪のメダリストたちが16日、沖縄県内でファンや子どもたちと交流した。那覇市の首里中学校では卓球女子団体で銅メダルに輝いた石川佳純選手による講習会・交流会が行われた。小中学生約200人が五輪2大会連続メダリストの技に熱視線を送った。

小中学生の前でお手本を見せる石川佳純選手=那覇市・首里中学校(勝浦大輔撮影)

 石川選手は見本を見せながら丁寧に指導。「フォアハンドドライブはぞうきんを絞るように体を回転させる」など伝授。講習会後はサインに快く応じ、気さくに参加者と交流した。

 2010年美ら島総体以来の沖縄という。「一緒に卓球ができて、すごく楽しかった。何か大きな目標を見つけ、それに向かって頑張ってほしい」と子どもたちにメッセージを送った。

 石川選手と対戦した普天間小6年の東政利君は「緊張し過ぎて、気がついたら終わっていた。一つ一つのレベルが高すぎる。これがオリンピック選手か」と目を輝かせていた。

 西原町ではレスリングの吉田沙保里選手らがファンや子どもたちと交流した。