「自分たちがアクションを起こさないと。より積極的に行こう」。金鍾成監督は0-0で折り返したハーフタイムに選手にハッパをかけた。期待に応えてゴールをこじ開けたのはFW富樫佑太。後半28分、それまでミスが多かった富樫は「シンプルにゴールに向かってボールを動かそう」と右足で欲しかった先制点を奪った。