【八重山】石垣島天文台(宮地竹史所長)は16日、月の光がつくりだす夜の虹「月虹(げっこう)」を確認した。幸せを招くとされる自然現象で、前勢岳山頂で空の状態を監視する同天文台のスカイモニターカメラが、竹富島と小浜島の上空に大きな弧を観測し、撮影した。

スカイモニターカメラが撮影した「月虹」。「宵の明星」の金星(中央)の上に伸びている=16日午後7時6分(石垣島天文台提供)

天文台の花山秀和研究員が撮影した「月虹」。アーチ状の虹が二重になっている=16日午後8時45分(石垣島天文台提供)

スカイモニターカメラが撮影した「月虹」。「宵の明星」の金星(中央)の上に伸びている=16日午後7時6分(石垣島天文台提供) 天文台の花山秀和研究員が撮影した「月虹」。アーチ状の虹が二重になっている=16日午後8時45分(石垣島天文台提供)

 天文台によると、月虹は、月の光が大気中の水滴で屈折し、虹ができる珍しい現象。星空保護区も目指している八重山地域では、夜空の暗さや澄んだ空気など観測条件が整いやすいという。

 同天文台による観測は2012年1月以来。午後7時6分からと、同8時40分からのそれぞれ約15分間確認できた。

 ハワイでは「ムーンボー」などと呼ばれ、「幸せを招く」「願いがかなう」と言われており、宮地所長は「地震など災害に見舞われた地域が早く復興し、皆に幸せが訪れることを願いたい」と話した。