沖縄県警は17日、米軍北部訓練場のヘリパッド建設に反対する市民の「リーダー」的存在である沖縄平和運動センターの山城博治議長を器物損壊容疑の現行犯で逮捕した。背景には、訓練場内に入る市民らに「手出しできない」ことへの国側のいら立ちがある。