【横浜】第36回おきつる大運動会(おきつる協会主催)が16日、横浜市鶴見区の入船小学校で行われた。鶴見沖縄県人会の会員ら約400人が運動を通して、親睦を深めた。

おきつる大運動会の綱引きで懸命に綱を引き合う参加者ら=16日、横浜市鶴見区の入船小学校

 秋晴れの下、かけっこや玉入れ、綱引き=写真、リレー、障害物競走など25種目のプログラムに、子どもから70代まで参加者が出場した。お年寄りらが子や孫らに熱心に声援を送り、世代を超えて交流が広がった。

 出身地区別に南山、名護、北山、中部、本部、与勝・宮古・伊江島合同の6チームに分かれ、得点を競う対抗戦も行われ、南山が4連覇を果たした。

 金城京一理事長は「今年は青年部が復活し、若い世代の参加が目立ち盛り上がった。来年も各年代間の絆を強めたい」と話した。