【嘉手納】米軍嘉手納基地で19日未明、米軍の戦闘機が相次いで離陸し、嘉手納町屋良で午前2時30分に100・2デシベルの騒音が測定された。町によると、同町屋良の測定機は2時29~31分に97・1デシベル以上の騒音を計6回測定。同町嘉手納の測定器でも同じ時間に93~96・4デシベルの騒音が5回あった。

嘉手納基地

 嘉手納基地には18日に米サウスカロライナ州空軍所属のF16戦闘機10機が飛来していた。19日午前9時すぎには、残り数機しか駐機していないため、F16戦闘機の離陸による騒音だった可能性がある。深夜・早朝で100デシベルを超える騒音が測定されるのは異例。100デシベルは電車通過時の線路脇に相当する。

 町には午前2時半から正午までに住民から8件の苦情があった。「眠れない。睡眠妨害も甚だしい」「地割れがしたかと思うくらいすごい音で、夫婦そろって起こされた。胸がどきどきしている」などと反発する声が寄せられた。

 當山宏町長は19日午前、嘉手納基地の第18航空団に電話し、「騒音防止協定に明らかに違反している。住民の安眠妨害は許されず、人権侵害だ」と抗議。沖縄防衛局に中嶋浩一郎局長を訪ね、米軍に申し入れるよう求めた。