「第6回世界のウチナーンチュ大会」のプレイベント「第5回世界若者ウチナーンチュ大会」が20日開幕する。沖縄初開催で、過去最多の海外9カ国と1地域から約100人が参加。23日までの4日間、県内の若者たち(のべ約2千人)と伝統文化やスポーツを通して、交流を深める。

「交流楽しみ」と笑顔いっぱいオープニングセレモニーの準備を進める実行委員ら=19日午後、西原町・さわふじ未来ホール

 実行委員会のメンバーたちは19日、オープニングセレモニーの会場となる西原町さわふじ未来ホールで会場設営やリハーサルを実施した。

 ことし1月から実行委員の一人として準備にかかわってきた宮城由希乃さん21は「まずは成功させたい。参加者同士が仲間になれる大会にしたい」と意気込んだ。

 20日は「オープニングセレモニー」と「歓迎パーティー」を実施。21日には移民の歴史などをたどる「世界のオキナワ」、「世界の芸能フェス」を開催する。22日には「地域愛かたやびら大会」、最終日の23日には「グランドフィナーレ」などが予定されている。