公明党内で米軍普天間飛行場返還問題を巡り、県内基地の陸上移設案が検討案の一つとして浮上する背景には、現在の政府案を民意が「新基地」として反発する最大の要因が海の埋め立てにあるとし、既存の基地内への移設ならば新基地に当たらないとの考えがある。