【嘉手納】米軍嘉手納基地で20日午前3時30分、米サウスカロライナ州空軍所属のF16戦闘機が相次いで離陸し、嘉手納町嘉手納で最大98・4デシベルの騒音が測定された。F16による未明の飛行は2日連続。19日、嘉手納町の當山宏町長や沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長が深夜・早朝に飛行しないよう米軍側に強く求めていたが受け入れられなかった。當山町長は20日午後、嘉手納基地の第18航空団にあらためて抗議する。

20日未明に激しい騒音を出しながら嘉手納基地を離陸したF16戦闘機=19日午後1時すぎ撮影、米軍嘉手納基地

 町によると町嘉手納の測定器では午前3時30分から31分にかけて93・6デシベル以上の騒音を計6回測定。屋良でも同3時30分から32分にかけて96・5デシベル以上の騒音が計6回測定された。また午前6時以降も、同基地所属のF15が相次いで離陸する様子が確認された。100デシベルは電車通過時の線路脇に相当する。

 沖縄防衛局は20日午前、嘉手納町に対して騒音に対する第18航空団の見解を伝えた。第18航空団は19、20日の未明の騒音はF16の離陸時に発生したことを認めた上で、「運用上の所用のため、当該時間の離陸は避けられなかった」と説明しているという。

 連日の未明飛行に対し、當山町長は第18航空団に20日午後にも抗議する方向で調整している。午後0時すぎには沖縄防衛局の中嶋局長が町役場を訪れる。