沖縄県の翁長雄志知事は20日午前の定例会見で、公明党本部と県本が米軍普天間飛行場返還問題を巡りキャンプ・シュワブ、ハンセンいずれかにヘリパッドを建設する県内陸上案を検討していることに関し、普天間の国外、県外への移設の公約は堅持すると強調した。一方、「公党が沖縄のことを心配し議論してくれることは歓迎したい」とも述べた。

定例記者会見で発表事項を述べる翁長雄志知事=20日午前、沖縄県庁

 公明が検討している県内陸上案が「辺野古新基地」に当たるかどうかは明言しなかった。

 また、米軍ヘリパッド建設に反対する市民に、大阪府警の機動隊が「土人」と発言したことに対し、大阪の松井一郎知事がツイッターで「府警の警官が一生懸命命令に従い職務を遂行していたのがわかりました」などと投稿していたことには、「県民からすると、筋が違うのではないか」と不快感を示した。