【東京】沖縄県東村高江周辺の米軍北部訓練場ヘリパッド建設で、大阪府警から派遣された機動隊員が抗議する市民に差別発言をした件で、警察庁の坂口正芳長官は20日、記者会見で「不適切であり、極めて遺憾だ。今後このような事案の絶無を期す」と述べた。

 警察庁は問題の発覚を受け、各都道府県に対し、再発防止の徹底を指示している。坂口長官は「適切な警備を行っていくよう指導を徹底して参りたい」と答えた。

 「土人」と発言した機動隊員は、発覚後に沖縄から離れた。大阪府警は近く隊員から事情聴取した上で、処分を検討する方針。