オリオンビール(浦添市、嘉手苅義男社長)は20日、やんばるの森が国立公園に指定されたことを記念し、ドラフトビール缶にヤンバルクイナやノグチゲラをあしらった記念デザイン缶を数量限定で発売すると発表した。

数量限定発売のオリオンドラフトビールやんばる国立公園記念デザイン缶

やんばる国立公園記念缶発売をPRするオリオンビールの新垣昌光副社長(中)と国頭村、大宜味村、東村の村長、副村長ら=20日、県庁

数量限定発売のオリオンドラフトビールやんばる国立公園記念デザイン缶 やんばる国立公園記念缶発売をPRするオリオンビールの新垣昌光副社長(中)と国頭村、大宜味村、東村の村長、副村長ら=20日、県庁

 発売期間は11月上旬~12月上旬の予定。約100万本の販売を想定している。1本につき1円を国立公園が所在する国頭、大宜味、東の3村に寄付し、やんばるの環境保全に役立ててもらう。デザインは県出身のイラストレーターpokke104さんが担当。ヤンバルテナガコガネやイジュなどやんばるの豊かな自然を鮮やかに描いた。

 沖縄県庁で会見した新垣昌光副社長は「とてもかわいらしいイラスト。3村の環境保全にも寄与したい」と語った。