【大阪】大阪府の松井一郎知事は20日、機動隊員の「土人」「シナ人」の差別発言に対し「認められないし、反省すべきだ」と強調する一方で「(発言した隊員)個人を特定し、メディアが鬼畜生のようにたたくのは違うんじゃないか。職務を一生懸命やってきたことは認めたい」との考えを示した。登庁時に記者団の取材に応じた。

大阪府の松井一郎知事

 松井知事は19日夜、ツイッターで「表現が不適切だとしても、府警の警官が一生懸命、職務を遂行していたのが分かった。出張ご苦労様」と投稿していた。

 記者の質問に松井知事は「売り言葉に買い言葉で言ってしまうんでしょう。(抗議している)相手もむちゃくちゃ言っている。相手は全て許されるのか。それをもって1人の警官が日本中からたたかれるのはちょっと違うと思う」と、発言した機動隊員を擁護した。その上で「府警、全国の警察官が沖縄のために無用な衝突を起こさないよう、一生懸命働いているのは事実だと思う」とした。

 混乱の原因が市民側にあると考えているのでは、との質問には「(政府は)北部の基地を何とか返還させるためにしているわけで、反対派の皆さんの行動があまりにも過激ではないかと思う」とも述べた。

 松井知事は同日午後、沖縄タイムスの取材に対し「沖縄県民の方々を傷つけてしまったことは誠に遺憾」とコメント。自身のツイッターの「出張ご苦労様」との投稿は「全国から現地に派遣され、日々厳しい職務を遂行されている警察官すべてに対して述べた」と釈明した。

 一方、府庁には20日午後5時までに計385件の電話やメールが寄せられ、大半が松井氏への批判だった。吉村洋文大阪市長は記者会見で「知事も(隊員の)表現は不適切と言っている。国家の非常に重要な事項について職務に当たっており、ねぎらうのはおかしくない」と述べた。