【嘉手納】米軍嘉手納基地で20日午前3時30分、米サウスカロライナ州空軍所属のF16戦闘機が相次いで離陸し、嘉手納町嘉手納で最大98・4デシベルの騒音が測定された。F16による未明の飛行は2日連続。19日に當山宏町長や沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長が深夜・早朝に飛行しないよう米軍側に強く求めていたが、全く受け入れられなかった。

嘉手納基地

 町によると、町嘉手納の測定器では午前3時30分から31分にかけて93・6デシベル以上の騒音を計6回測定。屋良でも同3時30分から32分にかけて96・5デシベル以上の騒音が計6回測定された。

 午前6時前後にもF15戦闘機が相次いで離陸し90デシベル以上の騒音を測定。周辺住民は未明から早朝にかけて断続的に爆音にさらされた。町には耳鳴りなど身体の不調や不眠など午後6時までに17件の苦情があった。

 當山町長と中嶋局長は住民に重大な影響を与えながら、前日の抗議・要請を米軍側が聞き入れなかったことを問題視。深夜・早朝に飛行しないよう20日に第18航空団に改めて求めた。米軍側は「運用上の所要のため、この時間帯での離陸は避けられなかった」と回答。

 當山町長は「まさかと思ったが繰り返された。住民が寝静まっている時間にあれだけの爆音は許されない。『運用上の所要』ということで正当化されるなら騒音防止協定はないに等しい」と厳しく批判。協定の在り方を問う考えだ。