ソフトウエア開発を手掛ける琉球ネットワークサービス(那覇市、上原啓司会長)は19日、人型ロボット「NAO(ナオ)」を介したロボットサービス展開に取り組むと発表した。NAOに搭載するアプリケーション開発を中心に本体の代理店販売も行う。5年後の売り上げ目標は3億円。

人型ロボット「NAO」を囲む琉球ネットワークサービスの上原会長(中央)ら=19日、沖縄県庁

 NAOの国内正規代理店・スマートロボティクス社と契約を締結した。NAOは身長58センチ、体重5・4キログラム。フランスの企業が開発した人型ロボット。自立走行、人間と会話によるコミュニケーションが可能で、沖縄県庁で開いた記者会見では空手の演武を披露した。全国では企業受け付けや展示会ブースでの接客などに導入している例もある。

 19カ国語に対応しており、県内で増加する外国人観光客への多言語対応や、海外イベントでの沖縄の魅力発信など観光面で活用が期待できる。NAOのカメラや温度センサーで収集したデータを基に、高齢者や子どもの「見守り」にも役立てる。

 上原会長は「一家にロボット1台の時代は来る。沖縄から世界に通じるサービスを提供したい」と述べた。