ピルとは女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンを合わせた薬で主に避妊薬として使用され、コンドームや子宮内避妊器具(リング)より避妊効果が高いと言われています。ちゃんと服用すれば99・8%の避妊効果がありますが、飲み忘れによりまれに妊娠することがあります。

 長期間服用しても中止後妊娠しづらくなるということはありません。ピルを飲んでいると月経痛が減り、量も少なくなるため生活の質が上がることが多いのです。若い女性で月経痛がひどく、普段の生活に支障を来すほどの人はピル使用をためらうことはありません。後から述べるピルの副作用は若い人ほど、頻度は低いのです。

 また月経前症候群(月経前に精神的、身体的に調子が悪くなること)にも有効であり、ピルの種類によっては、にきびを改善させることがあります。その他、長期に飲んだ人では卵巣がん、子宮体がん、大腸がんになる率が下がると報告されています。

 このようにピルには副作用の反対の副効用が多いことが知られ、欧米の使用率は高いのですが日本ではまだあまり普及していません。しかし薬には必ずある一定の確率で副作用があります。